きなことイソフラボン摂取


健康に良いとされている食品は様々ある中で、日本人にとくに親しまれており、古くから誰もが食べている大豆食品には『イソフラボン』という栄養素が多く含まれています。
イソフラボンとはポリフェノールの一種で、女性ホルモンであるエストロゲンに似た働きをします。
そのため、女性に嬉しい美容効果や更年期障害、乳がんなど、女性ホルモンの働きが原因となって起こるそれらの予防にもつながると期待されています。
女性だけでなく、男性の前立腺の病気やアルコール分解、その他疲労回復や生活習慣病の予防など幅広い働きをすることで注目されて、同成分を含んだサプリメントは人気を博しています。

さて、このイソフラボンを多く含む食品が納豆・豆腐・味噌・きなこなどの大豆製品です。
それらは特に多くの栄養素を含んでおり、私たちの健康を維持するうえで欠かせない食材となっています。
食の欧米化が進んだ現代において、今一度それらの食材の重要性が見直されています。
味噌や醤油はもちろん、きなこは和食やデザートなど幅広く使われる食材の一つです。
納豆や豆乳が苦手でも、きなこからイソフラボンが摂取できるのはうれしいですね。
意識して生活に取り入れても良いかもしれませんね。

きな粉の他に、黒豆からもイソフラボンは摂取できます。
大切なのはバランスです。
同じ食材だけでなく、異なる食材を組み合わせて用いていきましょう。